ぼくらの海をプラ汚染から守ろう!

 オー―しゃんリボン運動とは、みんなで海のプラごみを減らしていく参加型運動です。この活動は「海のプラごみ問題を知らせていく」活動と、すでに流出してしまった「海のプラごみを回収するしくみづくり」活動と、「プラごみの発生抑制に取り組む人を増やす」活動の3つの柱で構成されています。海のプラごみ問題を解決することは政府や一部の企業だけでできる問題ではありません。

もちろん海はつながっているので日本だけの問題ではありませんが、一人でも多くの人が問題を知り、参加することで、少しづつでも社会が変わっていくムーブメントができると思います。まずは日本で世界の模範となる取り組みを示し、それが他国へも伝播していけばよいと思っています。

かつて日本でもタバコの吸い殻やごみのポイ捨ては当たり前のように見かけたことでしたが、今では道路のきれいさは外国人から称賛されるようになりましたし、スポーツの世界大会で試合後に観客席のごみを拾う日本人観客の姿に影響されて徐々に真似る他国の人も現れるようになりました。無理なことと諦めることよりも、小さなことから積み重ねて、よりよい未来をみんなで創っていきましょう!

運動のシンボルマーク

オーシャンリボン運動の具体的な内容は下記をご覧いただき、参加方法は「ご参加方法」のページをご覧ください。

1、 海のプラごみ問題を知らせていく

 より多くの人に参加していただくためには、海のプラごみ問題のことについて知っていただくことなく参加者が増えることはありません。だからこそ、伝播活動や広報活動が重要です。テレビ等のメディアニュースで放送されていますが、一人でも多くの人が問題を知ることができるよう、写真ボランティアによる『プラごみ流出マップ』や、プラごみ関連情報を発信するYoutubeチャンネル『オーシャンスイープチャンネル』やSNSを通じて、海洋プラごみ問題に触れる接点を増やしていく活動を進めています。

環境省のプラスチックスマート運動で2023年度「広める」部門の最優秀賞を受賞しました(2023年2月13日)
埼玉県大野知事から令和5年度彩の国埼玉環境大賞「奨励賞」を受賞しました(2024年2月8日)

海のプラごみ問題を知らせていく活動への参加方法は「ご参加方法」ページの「知らせていく活動」の項をご覧ください。

2、海のプラごみを回収するしくみづくり

 海に漂流するプラごみが増えていることが海洋を研究する学者から発表されていますが、プラスチックは紫外線や波で小さな破片に砕けても分子構造が分解されなければ有毒物を吸着してしまう性質はそのままで、自然界での分解には数百年から千年単位で時間がかかると言われていて、流出してしまったものは人間が回収しなければ増えるばかりで減りません。

 しかし、海ごみは塩分や水分のために引き受け手が少ない上に混合廃棄物に分類されるので処分費用が高く、大量の漂流ごみの3分の2は非漁業のものですが、海で拾うと漁師だけに負担が偏っています。また行政も、漂流ごみには処分費に足りるほどの税金を投入することができていませんし、とても個人や小さな市区町村では負担しきれません。

 海ごみを減らしたいというのは海で働く人たちとっても切実な願いです。そして継続的に海のプラごみを拾える人は海で働く職業人にしかできません。漁港から処分場への運搬も産廃法の壁があって容易ではありませんが、もしも漁師の皆さんが回収してきたプラごみを無償で引き取れるようなしくみができれば拾い続けることができるので、現実的に海のプラごみを減らしていける道が開きます。

図:海洋プラごみの課題(現状)及び解決策と効果

漁師やダイバーなど海で働く人たちが海からプラごみを回収し、処分費用を自己負担することなく分解処理またはリサイクル施設に送り出していける、海のプラごみを回収するしくみを『オーシャンスイープチェーン』と名付けて社会実装を進めています。

海のプラごみを回収するしくみ『オーシャンスイープチェーン』への参加方法は「ご参加方法」ページの「回収するしくみづくり活動」の項をご覧ください。

3、プラごみの発生に取り組む人を増やす

 プラごみの流出量が回収量よりも多いという現在の状態には持続性がありません。また、回収するにしても流出量が減らなければ、いつまでも逆転させることができません。医療現場など、プラスチックがどうしても必要な場面はありますが、必要以上のプラスチックが使われていることもたくさんあると思います。

そこで、現代に生きる私たちは、海にプラごみが流出する元栓を閉めていくために、できるだけプラごみを発生させないような生活習慣をひとり一人が身につけ、再生する手助けをするとともに社会全体でプラごみの発生量を減らしていけるよう力を合わせていく、いわゆる「プラスチック4R」に取り組む人が増える必要があります。

そして、消費者の行動や意見は商品開発にも影響を及ぼしていきますので、消費者が何を選ぶのか、どうして選ぶのかを注視しているメーカー企業のマーケッターに過剰なプラスチックは不要だと会社に報告してもらうよう、ひとりひとりの購買・消費行動で示していきましょう。

4Rと生活の中でできるプラごみ減少対策

 1835年にフランスの化学者のルニョーにより塩化ビニルとポリ塩化ビニル粉末が発見されたことがプラスチックの始まりと言われています。 また1870年代のアメリカで高級素材の象牙(ぞうげ)で作られていたビリヤードボールの代替品としてセルロイドが開発されプラスチックの商業化が始まりました。特に過去50年間では世界のプラスチックの年間生産量は20倍にも拡大し、世界のプラスチック消費量は2019年の4億6000万トンに達しており、このままでは2060年には12億3100万トンに増加するとOECDは予想しています。しかも、日本は1人当たりのパッケージ用プラスチックごみの発生量が、アメリカに次いで世界で2番目ですから、一人ひとりに改善への責任があると思います。

2022年廃プラ総排出量(824万t)の内訳(出典:一般社団法人プラスチック循環利用協会)


 現在流通しているプラスチック材料は約70種類もあると言われていますが、特に消費量が多い6種類(PET樹脂、高密度ポリエチレン、低密度ポリエチレン、塩化ビニール、ポリプロピレン、ポリスチレン)は単に「プラ」とひとくくりで表示されるのでなく「ボトルはPET、キャップはPP」など個別に種類が付記されている商品も増えてきました。種類別に捨て方を分ける、ボトルは洗うなど少しの気遣いをするだけでも再利用がしやすくなりますので、プラごみ問題を軽減するたっめの身近な方法のひとつです。

プラごみ抑える活動の参加方法は「ご参加方法」ページの「プラごみの発生抑制に取り組む人を増やす活動」の項をご覧ください。

PAGE TOP